« 2018年3月5日・滝連更新〜☆ | トップページ | +act 2018年2月号 読みごたえあった〜! »

2018年3月 7日 (水)

静岡新聞夕刊にタッキー!




仕事から帰ってきて夕刊見たら、
イケメンな滝沢秀明がいてビックリeyeeyeeye


静岡新聞にもそろそろタッキー載るかな〜と薄っすら期待してたのよね〜happy01


他のローカル新聞と同じ内容だと思うけど、一応全文載せまーすgoodgoodgood



【静岡新聞・夕刊】
・2018年3月6日掲載・



滝沢秀明
刺激受け自分のプラスに



家族の命を奪われた被害者が、弁護士となってその加害者の弁護をするという難しいテーマ。「ドラマを通じて、人として一皮むける瞬間を味わいたい」と滝沢秀明の口調は力強い。

「家族の旅路」(フジテレビ系、土曜夜)で初の弁護士役、浅利祐介を演じている。赤ん坊だった30年前、両親と祖父を柳瀬光三(遠藤憲一)に殺害された。

親戚に引き取られ成長した祐介のもとに、死刑囚となった光三の再審請求の弁護人になってほしいと依頼が来る。

葛藤を抱える祐介は「弁護士としての使命と同時に、一人の人間としてどう生きていくか、どう向き合っていくかってことも同時進行でやらないといけない」。

そうやって歩んでいく役と一緒に成長していきたいと考えている。「出演者の皆さんとぶつかり、刺激を頂くことで、自分のプラスになるものが生まれると思う」

主演した大河ドラマ「義経」をはじめ、映画でも活躍し、キャリアを重ねてきた。それでも作品が変われば気分は振り出しに戻り、「立ち上げのときはどきどきする」と明かす。

30代半ばになり、これまでとは違った役も演じられるようになってきた。「新しいもの、新しい出合いってまだまだあるんだなってすごく感じる。これって決めず、新しいことへのチャレンジを大事にしたい」

毎年続けている主演舞台「滝沢歌舞伎」が4月から始まる。演出も手掛けるとあって「最初のお客さんにならないといけない。違う角度から作品に携わることができて、すごく勉強になっている」とやりがいは大きい。

今回はどうなるかという観客の期待もある。「毎年見てくれる方の思いをいい意味で裏切っていかなきゃいけないって作業は大変です」


















はぁぁぁ♡
タッキーかっこいいlovelylovelylovely



(((o(*゚▽゚*)o)))

« 2018年3月5日・滝連更新〜☆ | トップページ | +act 2018年2月号 読みごたえあった〜! »

ドラマ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

滝沢秀明」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593962/66468486

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡新聞夕刊にタッキー!:

« 2018年3月5日・滝連更新〜☆ | トップページ | +act 2018年2月号 読みごたえあった〜! »